2022年3月 6日 第9回例会

今シーズン最後の例会を開催しました。

天気予報では荒れるとの予報だったので、最後なので晴れると助かるなと、念じていました。
朝、家を出発する時点では晴れていたので、ずーっと続いて欲しい・・・、会員の皆さんも同じことを祈ってくれていたのかもしれません! 晴天が続きました(感謝です)。

いつもどおり、会館前で準備体操をして埋蔵文化財センター入口まで移動し、大沢口に向かいすぐ手前の小山の頂上で集合写真、大沢口でUターンする人を見送り、中央線の0.5kmの分岐まで進み最終日の予定があるため帰路につきます。

会館に戻って、皆勤賞、精勤賞、参加賞、特別参加賞(2/6大雪で参加された方)、スポーツタオル、おにぎり、ミニカップ麺をお渡ししました。

参加者 19名、
シーズン参加者 25名、延べ130名でした。
1月2日から3月6日までの全9回、けが人もなく無事で終了できたことに感謝いたします。

2022年2月 27日 第8回例会

2月最後、8回目の例会を実施しました。
朝方チラッと雪が舞いましたが、曇り空で昨日の晴天とまではいきませんでしたが
まあまあの天気でした。
昨日の天気で表面が溶けた雪質で、スキーの滑りは良かったです。
この歩くスキーも残り、1回となりました。

地区センターに集合後、時間と同時に外で、準備運動を行い埋蔵文化財センター入口まで徒歩で移動。
センター入口、大沢口の登り降りが大変なのでケガをしないように除雪をしていただきました(感謝です)。

先日、道新の記事で百年記念塔が解体されるとのニュースがあったので、今回は百年記念塔コースを選択し、走行しました。

今年初めて参加された方もおり、18名でした。

2022年2月 13日 第6回例会

先週の天気とは打って変わって、嘘みたいに最高のスキー日和になりました。
いつもと少し変わった準備体操をして、出発です。
排雪が行われていて道幅が広くなって歩きやすくなっています。

本日の走行ルートは、大沢口からエゾユズリハコースを進みました。
走行距離は 約6.5kmでした。
参加者 13名

2022年2月 6日 第5回例会

先週 1月最後の日曜日は、休みとしました。

朝起きて、玄関前を見ると除雪車が入り、更には積雪が30cmを超えているようで、慌てて融雪槽に雪を投入した。融雪槽はほぼ満タンになり様子を見ると水が出ていない!、今日の雪はサラサラの状態のため雪が水を吸ってしまい循環しないことが原因、そのため融雪槽に水を補充する必要がある。

雪が多く、また真っ白な雪で道路の境目がわかりずらい状態でようやく、文京台地区センターに到着したが車の腹がつかえそうであった。
雪はずーっと降り続いていて、例会を実施した場合、帰りの状態は更に悪化すると思われたので止む無く中止することにしました。

悪天候の中、参加してくれた方は、私を含め7名でした。

2022年1月23日 第4回例会

今年は例年に比べて倍の積雪量になっており、道路の除雪が追いついていない状況です。
道幅が狭く、車の交差が譲り合いになっています。

今日は、朝から風もなく、カンカン照りで最高の天気です(でも、温度は低い)。
したがって、本日の走行ルートは百年記念塔を目指しますが、新雪が深いため様子を見ながら決定することにします。

大沢口まで進み、中央線を500m進んで分岐する瑞穂連絡線で行けると判断し、百年記念塔コースの走行を決定しました。

本日の参加者は 14名でした。